プライベートレッスンの料理教室です

お問合せ&お申込み

おしらせ JR・地下鉄長町駅より徒歩5分

お悩み解決相談室 tips

調理編/総合

薬膳料理に挑戦してみたいです。

薬膳料理は医食同源の考え方から生まれた料理で、食材の持つ効能に着目し、食事によって健康を保とうという食事療法です。
その人の体に合わせた食材を組み合わせてとることで、病気になる前に不調を改善していこうという考え方です。

薬膳料理というと、漢方に使われるような食材を揃えないといけない、少し敷居の高いものだと思われがちですが、そのようなことはありません。
私たちが普段食べている食材であっても、その食材の性質に着目して利用することで、簡単に薬膳料理が作れるのです。
たとえば、日本でもポピュラーな梅酒は立派な薬膳酒ですし、鶏手羽元に生姜やニンニクを入れてスープを作れば薬膳スープになります。
薬膳料理は思っているほどハードルが高いものではなく、日々の食卓で楽しめるものなのです。

健康的な生活を送りたい方に、簡単なレシピと各食材の効能をご説明いたします。

■緑豆とハトムギのお汁粉
【レシピ】
①緑豆とハトムギは約2時間水に浸します
②弱火で水で30分煮た後、お砂糖を加えます
 料はお好みですが、少な目の甘味がおすすめです。

【材料解説】
▼緑豆
日本ではもやしの原料としてお馴染みの緑豆は、漢方の生薬としても使われています。
★効能★
血中脂肪を下げる/コレステロールの定価/食欲増進

▼ハトムギ
ヨクイニンという成分が特徴のハトムギは、美容食材として知られています。
★効能★
美肌効果/便秘の解消

■薬膳スープ
【レシピ】
鶏手羽元と以下の材料を一緒にじっくり煮込みます。
・くこのみ
・しょうが
・なつめ
・日本酒

【材料解説】
▼くこ
中国では古くから「不老長寿の薬」として食べられてきたクコの実。ミネラル、ビタミンが豊富で、欧米では「ゴジベリー」とも呼ばれるスーパーフードとして人気です。
★効能★
抗酸化作用/エネルギー代謝アップ/眼病予防/滋養強壮/エイジングケア

▼しょうが
和食では薬味としてもお馴染みのしょうがは、漢方に欠かせない生薬でもあります。生か加熱後(または乾燥)かで有効成分が変わります。
★効能★
生で食べると血行促進/加熱すると冷え性改善

▼鶏手羽元
手羽元のコラーゲンは鶏皮だけでなく、軟骨部分にも豊富に含まれています。たんぱく質も摂れるので美容と健康に役立つ女性に嬉しい食材です。
【効能】
疲労回復/美肌効果

▼なつめ
中国では3000年以上も前から、料理だけでなく生薬としても使われてきました。食物繊維や鉄分が豊富で、まさに栄養の宝庫ともいうべき食材です。
★効能★
腸内環境の改善/貧血予防/代謝促進/脂肪の蓄積を抑制

■薬膳酒に漬けたエビのオードブル
【レシピ】
①以下の材料を低温加熱でじっくり煮ます。かなり強烈な匂いがします。
・朝鮮にんじん
・当帰
・くこ
・しょうが
②日本酒を加え、海老を漬けます。
③冷蔵庫に3日寝かせます

【材料解説】
▼朝鮮人参
別名「高麗人参」、日本では「オタネニンジン」とも呼ばれます。普段料理に使うにんじんとは全く別物です。
100種類以上もの栄養を含むといわれ、サポニンという成分が特徴の植物です。
★効能★
疲労回復/滋養強壮/免疫力アップ/血流改善

▼当帰
当帰はセリ科トウキの根で、古くから漢方に使われてきた生薬です。特に、婦人科系の不調に効く生薬として使われています。
★効能★
冷え性の改善/月経不順/月経痛/子宮内膜症/不妊症/血流改善/便秘

仙台料理教室では、カンタン薬膳料理のオンラインレッスンを開催しております!
お気軽にお問い合わせください♪

お問い合わせフォーム

お問合せはメールまたはLINEでどうぞ

メールの方

\ひとことメッセージをお願いいたします!/

LINE友だち追加QRコード
仙台料理教室 フォトギャラリーはこちら Youtube チャンネル登録はこちら
写真教室クローバー
美食フォト
フォトスタジオクローバー