仙台長町駅近くの料理教室です

お問合せ&お申込み

おしらせ JR・地下鉄長町駅より徒歩5分

くらしのレシピresipes

毎日をミラクルにするレシピです。
お料理上達のヒントにしてください。

一覧

単発制料理教室のメリットとデメリット

・お料理のスキルが中級者レベル。
・毎日お料理をしている。
・レシピなしでも普段の夕食がさっと準備できる。
・初対面の人とでもすぐ仲良くなれる。
・自分の意見をはっきりと言う事ができる。

このような方は単発制料理教室やグループレッスンにむいています。

向いていない方は
・包丁をほとんど持ったことがない。
・お料理が苦手。
・人見知りする方。
・他人に遠慮して自分の意見がはっきり言えないかた。

料理教室を選ぶ際には、自分のレベルや性格を考えたうえで、自分にあったタイプのレッスンに参加することをお勧めします。

料金の安い、高いではなく自分にとって有効な時間を過ごせるか、で決められた方が良いです。

基本的に単発制のレッッスンでは面倒見の良さは期待できないです。
ご自分の性格や生活環境をよくわかってくれる先生・講座・レッスンを選んでくださいね。 安くて敷居の低い教室では「自分が大切にされている。」感覚は得られないです。

会員制料理教室と単発の料理教室 メリットデメリット

▼会員制のメリット
・先生と生徒の距離が近くなる。 ・こちらの生活環境がお互いによくわかっているので満足度の高いレッスンを受けることができる。 ・先生の立場からのメリット 生徒さんの状況がわかるので生徒の役に立つレッスンを提供できる。

▼会員制のデメリット
・敷居が高い。
・私の教室ではいただいていませんが入会金を払わなけらばならない教室がほとんどです。

▼単発制のメリット。
・安くて敷居が低い。 ・気軽に参加できる。

▼単発制のデメリット。 ・人見知りをする方。
・初対面の方とコミュケーションを取ることが難しい方は参加がしずらい。

以上教室選びのご参考にしてください。

大手料理教室が向く人 個人料理教室が向く人

▼大手料理教室のメリット
・立地条件が良い
・交通の便が良く通いやすい
・コースが豊富
・キャンセルの振り替えが簡単

個人の料理教室のデメリット
・立地条件が良いとは限らない
・コースの種類が少ない。(だけど特別なこだわりがある料理が習える)
・キャンセルが難しい

なので大手教室が向く方は 料理に対する特別なこだわりがなく利便性を求める方。

個人教室が向く方は
料理にこだわりのある方
多少の不便さは我慢して、先生と生徒の距離が近い関係を心地良く思える方

やっぱり料理教室も自前でHPを持った方がいいと思う

ちょくちょくお世話になっている料理教室のポータルサイトからちょっとびっくりするようなメールがきました。 来年から一部機能を有料化するそうです。

びっくりはしたのですけれど「やっぱり」という気持ちにもなりました。 いつまでも無料では使わせてはもらえない・・と思っていましたから。

料理教室に限らず、個人で事業している方は無料のSNS機能を使って効率よく集客しようと考えている方が沢山います。
でも「無料」ということは所詮は「他人のモノ」
フェイスブックだってアメブロだってLINEだっていつか突然仕様変更になるかもしれません。
最悪の場合はカウントが閉鎖されてしまうこともあります。

自前でHPを持つことは必要。
WEB集客の知識も持つことは必要ですね。

教室集客とUSPと脱「なんとなく」

料理教室パン教室に限らず教室業・個人営業の方で集客に悩んでいない方はいないと思います。 「悩んでないわー。」とおっしゃる方は「見栄を張ってる。」もしくは「真剣に取り組んでいない。」このどちらかです。

集客ってただお客さんが来ればいい、だけじゃないですよね。
自宅で教室業、サロン、または個人で経営しているひとならなおさらそう思うハズです。
理想のお客様だけ集めたい! ネット集客を成功させたい!
そんな方がググれば最初に飛び込んでくる言葉は「USP」

自分のビジネスの特徴を際立たせれば「理想のお客様」だけ集客できる という「説」です。 いかにもひとつのコトだけを深ーく掘り下げるのが得意な男性が考え出した「説」です。

女性がお稽古事に通う動機で多いのが「なんとなく」です。

私は現在お稽古ごとに2つ通っていますが最初の動機は「なんとなく」でした。
でも3年以上続いています。
「なんとなく面白そう」「なんとなく楽しそう」「なんとなく先生が優しそう」

子供に習い事習わせるときだって「絶対プロにさせる!」と勢い込んで習わせる親御さんはそうそういませんよね。

最初は「なんとなく」でもいいんです。

でももうちょっと踏み込みたくなったら脱「なんとなく」 
「なんとなく」は卒業するべき。
「なんとなく」フラワーデザインやテーブルコーディネートを習ってみる。
「なんとなく」ダンスを習ってみる。
「なんとなく」楽器を触ってみる。

・・で。「なんとなく」習ってばかりだと結局何も残らなくなってしまいます。

それともうひとつキツメのひとこと。
わたし自身にもいえることですけれど習い事を習う動機のひとつに「変身願望」があるかと思います。
「英会話を習っている間ダケはアメリカ人になったような気がする」 とか
「ダンスをしている間ダケはスポットライトを浴びているような気になる」
とか
でもね、考えてみてください。
毎日の生活を真面目に送らないで「変身」ばかりしていていいんでしょうか?
人間の体は食べたものでできています。
「お料理」に取り組んでみませんか?

料理教室と営業

知り合いにとっても営業センスのある女性がいます。
現在30代でいつも営業はトップクラス。
彼女が営業をする現場を少しだけ覗かせてもらいました。
20代の女性に入会をすすめているのですがお姉さん目線で軽く誘う感じ。
うーん。私にはマネができそうにありません。

ひとりで商売をしていると思い悩むことが沢山あります。
隣の芝生が青くみえることもしばしばです。

ネットでググれば「売れてる教室の先生の絶対法則」なんてびくりするぐらいヒットします。

私自身の経験に言わせれば「絶対法則」なんて絶対あり得ない。
これだけは確かです。

料理教室と協会ビジネス
料理教室の先生はまじめで熱心な先生が多いです。 野菜ソムリエ・ワインのソムリエ・オーリーブオイルのソムリエ・・・あれこれ資格を持っている先生も沢山います。 資格試験のために勉強するのは良いことです。 でも「協会ビジネス」という言葉があるのを忘れないで欲しいです。 資格があると社会的地位が上がるように思える。 資格があると収入が上がるような気がする。 そんな人の心に「つけ込んでいる。」人たちがいるのも事実なんです。 難関といわれる弁護士だって今や収入を得るのに大変な時代です。 資格試験をとるために今一度考えてみる必要があるかもしれません。

仙台料理教室レッスン受講お申込みはこちら

お問合せ&お申込み ニュースレター登録(24時間受付)
TEL 090-6783-7641 (10:00~18:00)
仙台料理教室 フォトギャラリーはこちら